経験の少ない年下男性にアナルを教えてあげた

私はエッチなことが大好きで、出会い系サイトを利用して1年で10人以上とエッチな関係を持ってきた30代前半の女性です。今までは普通にラブホテルでノーマルなプレイをすることもありましたし、野外プレイやSMプレイなどをしてきたのですが、私が一番興奮するのはアナルに挿れられることでした。私は出来ればアナルを体験したことがない男性とアナルプレイをしてみたいと考えていたので、出会い系サイトで身体目的の男性を探していました。私がなるべく経験の少なそうな男性を探していると、20代前半の大学生を見つけたので、彼にメッセージを送ってみることにしました。すると、彼からすぐに返信が来たので、そこから彼とメールの交換を始めました。彼は彼女に振られたことをきっかけに出会い系サイトを利用し始めたものの、使い方やコツが分からずにまだ女性と出会ったことはないということだったので、経験はかなり少ないことが予想できました。また、彼は彼女ではなく、身体目的の女性と出会いたいということだったので、私は彼に会ってエッチなことをしたいと思い、「私と会ってみない?」と誘ってみました。彼はかなり飢えていたようで私の誘いにすぐに乗ってきました。私は彼と週末の夜に会う約束をしたのですが、私の中ではすでに彼のアソコを私のアナルに入れてもらう予定だったので、ディルドを使ってアナルの準備をしていました。そして、待ち合わせの当日彼と合流して、まずは腹ごしらえとして居酒屋に行きました。

彼と共に居酒屋に入ると、お酒を飲みながら彼の恋愛やエッチについての話を聞きました。彼は経験人数が二人だけで、それも普通のプレイしかしたことがなかったそうなので、私はますます興奮してきて、早く彼とエッチがしたいと思っていました。いい感じにほろ酔い気分になったところで居酒屋を出て、二人で手をつなぎながらラブホテルへと向かいました。ホテルのエレベーターに乗ったところで彼にキスをして股間を触ってあげると、彼はすでにギンギンに勃起しているのが分かりました。部屋に入ると、彼はもう我慢が出来なかったのか私をベッドに押し倒して服を脱がしてきました。私は彼の強引さに興奮しながら、私も彼の服を脱がしてあげました。そして、お互いの大事な部分を舐めあった所で、私は彼に「アナルって興味ない?」と聞いてみました。彼は「興味はあるもののしたことがない」と言ってきたので「私が教えてあげる」と言って彼のアソコにゴムをつけました。私のアナルはすでに準備万端だったので、私は彼の上にまたがると彼のアソコを私のアナルに挿れました。彼はあまりに気持ちよかったのか5分も持たずにイってしまいました。彼に感想を聞くと「あまりに締め付けがすごくて、ハマッてしまいそう」と言っていたので、彼のアソコが回復すると、もう一回アナルで抜いてあげました。彼は気持ちよさそうな顔をしていましたし、私も経験の少ない若い男の子をアナルで頂けたのでかなり興奮して、気持ちよかったです。彼とはそれっきりだったのですが、私は今でも出会い系サイトでアナル経験の少ない男性を探しては、ホテルに連れ込むことを続けています。