素敵な熟女との激しいプレイ

私は年上の熟女好きなのですが、普通に生活していたら年上の熟女と出会える可能性は非常に低いです。そこで、私は出会い系サイトを使って熟女と関係を持とうと考えました。出会い系サイトで熟女を探していると、40代後半の人妻と連絡を取り合えるようになりました。彼女は夫と二人で生活しているらしいのですが、2年ほど前からセックスレスになっており、男性と身体の関係を持つために出会い系サイトを始めたと言うことでした。私はぜひ彼女に会ってみたいと思ったので、直接会って話をしようとメッセージを送ってみました。彼女はそれに合意してくれて、お互いの家から近い場所で待ち合わせをしました。待ち合わせの当日彼女に会うと、私の理想どおりの素敵な身体の女性でした。彼女の身体は細いとはいえませんが、私が好きなグラマラスで胸とお尻の大きな女性でした。彼女とあいさつをした後は腹ごしらえのために焼肉に行きました。そこでも私と彼女は肉をたくさん補給してこの後の運動に備えました。腹ごしらえが終わると、私は彼女とラブホテルに向かうことになったのですが、そのとき彼女は私と腕を組んで歩いていました。彼女は狙っているのかたまたまなのか分かりせんが、彼女の胸が私の腕にグイグイと当たっており、それだけで私のアソコはギンギンになっていました。そのままの状態で何とか歩いていき、ホテルの部屋に到着しました。私は彼女を押し倒したいという欲求を抑えて、二人でシャワーを浴びることにしました。

シャワーに入り、裸になった彼女は今までの落ち着いた雰囲気はなくなり、発情した女性になっていました。彼女は私の身体を丁寧に洗ってくれたのですが、特に私のアソコを集中して触っていました。そのときの彼女の乳首はすでにびんびんになっており、私も彼女の胸やお尻を触りまくっていました。二人で触りあいっこをやめて、シャワーから出るとベッドに入りました。私から責めようと思ったら、彼女は私の上に馬乗りになってキスをしてきました。彼女のキスはとても激しくて、息をする暇もないほど私の口の中に舌をねじ込んできました。私は反撃しようと彼女の胸を触るのですが、そうすると彼女は私のアソコを上下にしごいてきました。彼女の手つきはとてもいやらしく、私は我慢するのに精一杯でした。彼女は私のアソコを舐めました後に口でゴムをつけてくれました。その仕草がとてもいやらしくて、私のアソコはもうギンギンでした。彼女の中に私のアソコが入った瞬間、感じたことない熱さを感じました。彼女の中は熱く、絡み付いてきてまるで男を気持ちよくするためだけに出来たもののようでした。私は必死に腰を振りましたが、彼女の腰使いには勝てず、徐々に主導権を握られていきました。彼女のテクニックとエロさに私は負けてしまい、果ててしまいました。彼女はゴムをはずすとお掃除までしてくれました。何から何まで彼女にやられっぱなしでしたので、これからも関係を続けて欲しいと頼みました。彼女は私の頼みを聞いてくれたので、出会い系サイトで出会った彼女とは今でも身体の関係を続けています。