経験の少ない年下男性にアナルを教えてあげた

私はエッチなことが大好きで、出会い系サイトを利用して1年で10人以上とエッチな関係を持ってきた30代前半の女性です。今までは普通にラブホテルでノーマルなプレイをすることもありましたし、野外プレイやSMプレイなどをしてきたのですが、私が一番興奮するのはアナルに挿れられることでした。私は出来ればアナルを体験したことがない男性とアナルプレイをしてみたいと考えていたので、出会い系サイトで身体目的の男性を探していました。私がなるべく経験の少なそうな男性を探していると、20代前半の大学生を見つけたので、彼にメッセージを送ってみることにしました。すると、彼からすぐに返信が来たので、そこから彼とメールの交換を始めました。彼は彼女に振られたことをきっかけに出会い系サイトを利用し始めたものの、使い方やコツが分からずにまだ女性と出会ったことはないということだったので、経験はかなり少ないことが予想できました。また、彼は彼女ではなく、身体目的の女性と出会いたいということだったので、私は彼に会ってエッチなことをしたいと思い、「私と会ってみない?」と誘ってみました。彼はかなり飢えていたようで私の誘いにすぐに乗ってきました。私は彼と週末の夜に会う約束をしたのですが、私の中ではすでに彼のアソコを私のアナルに入れてもらう予定だったので、ディルドを使ってアナルの準備をしていました。そして、待ち合わせの当日彼と合流して、まずは腹ごしらえとして居酒屋に行きました。

彼と共に居酒屋に入ると、お酒を飲みながら彼の恋愛やエッチについての話を聞きました。彼は経験人数が二人だけで、それも普通のプレイしかしたことがなかったそうなので、私はますます興奮してきて、早く彼とエッチがしたいと思っていました。いい感じにほろ酔い気分になったところで居酒屋を出て、二人で手をつなぎながらラブホテルへと向かいました。ホテルのエレベーターに乗ったところで彼にキスをして股間を触ってあげると、彼はすでにギンギンに勃起しているのが分かりました。部屋に入ると、彼はもう我慢が出来なかったのか私をベッドに押し倒して服を脱がしてきました。私は彼の強引さに興奮しながら、私も彼の服を脱がしてあげました。そして、お互いの大事な部分を舐めあった所で、私は彼に「アナルって興味ない?」と聞いてみました。彼は「興味はあるもののしたことがない」と言ってきたので「私が教えてあげる」と言って彼のアソコにゴムをつけました。私のアナルはすでに準備万端だったので、私は彼の上にまたがると彼のアソコを私のアナルに挿れました。彼はあまりに気持ちよかったのか5分も持たずにイってしまいました。彼に感想を聞くと「あまりに締め付けがすごくて、ハマッてしまいそう」と言っていたので、彼のアソコが回復すると、もう一回アナルで抜いてあげました。彼は気持ちよさそうな顔をしていましたし、私も経験の少ない若い男の子をアナルで頂けたのでかなり興奮して、気持ちよかったです。彼とはそれっきりだったのですが、私は今でも出会い系サイトでアナル経験の少ない男性を探しては、ホテルに連れ込むことを続けています。

出会い系サイトで知り合ったアフリカ男性とエッチ

私は今までたくさんの人とセックスをしてきましたが、私はアソコの大きな男性が大好きで顔や性格なんかはどうでもよくて、アソコが大きければ誰でもいいという考えでした。日本人でもアソコの大きな男性はたくさんいますが、私は世界の中でもアソコが大きいといわれているアフリカの男性とエッチをしてみたいと考えていました。しかし、普通に日本にいるだけではアフリカ系の男性と知り合うことは難しいことですし、かといってアフリカに行って男性を探すのも無理なことだなと思いました。そこでダメもとで出会い系サイトで探してみたところ、アフリカ出身の男性を発見しました。私はすぐに彼にメッセージを送ってみました。しばらくすると、彼から返信が来てメールのやり取りが始まりました。彼は小学生の頃まではアフリカのケニアで育っていたのですが、親の事情で日本に引っ越してきたという正真正銘のアフリカ男性でした。彼の年齢は20代後半で私とほとんど年齢も一緒だったので、私は何としてでも彼とエッチをしたいと思い、彼とメールのやり取りを続けていました。私は自分から男性を誘うのも好きなのですが、出来れば男性のほうから積極的に誘って欲しいと思っていたので、彼から誘ってくるのを待っていました。すると、私が彼と知り合ってから2週間してようやく彼から直接会おうというお誘いがきました。私はすぐにオッケーの返事を出して、彼の家の近くにある駅で待ち合わせをすることにしました。

駅で彼と合流すると、写真で確認していた通りのアフリカの男性で私は彼のアソコを想像してすでにエッチな気持ちになっていました。彼とあいさつを済ませると、彼はいきなり部屋に来ないかと誘ってきました。私は彼の出会い系サイトの中とは違い、積極的な誘いに少し驚いたのですが、彼とはエッチなことを目的に知り合ったので、まぁいいかと思い彼の部屋に付いていく事にしました。彼の部屋に着くと、彼と一緒にアイスを食べながら小さい頃のアフリカの話や今までの元カノの話を聞いていたのですが、その話の中であまりにもアソコが大きすぎて彼女に入らなかったという話があり、私は心の中でヤッターと思いました。私が彼に「どれくらい大きいのか見せて」と言うと、彼はすぐにパンツを脱いで見せてくれました。私は初めて外国人のアソコを見たのですが勃起していない段階でも、ものすごく大きくて私は思わず手を伸ばして彼のアソコをしごいていました。彼は嫌がることはなく、むしろ私の服を脱がして胸を触ってきました。彼のアソコをしごいていると徐々に大きくなっていき、私が今まで見たことのないくらいの大きさになりました。私はドキドキが止まらず彼のアソコにゴムを着けて、挿入してみたのですが、男性慣れしている私でも挿れるのにかなり苦労しました。しかし、挿れてからは痛さはなく、突かれるたびにどんどん気持ちよくなりました。結局彼とは一晩中セックスをして、次の日の朝に解散しました。私は念願のアフリカの男性とエッチをすることが出来たのですが、確かに大きさは日本人よりも大きくて病み付きになってしまいそうでした。

出会い系サイトで人生で最もおいしかった体験

私は出会い系サイトで女性と知り合うことが好きで、結構な頻度で出会い系サイトを利用していました。もちろん女性と身体の関係にいければ嬉しかったですが、例え身体の関係にまでいかなかったとしても、女性と連絡を取り合えるだけで楽しむことが出来ていました。そんな私はいつものように出会い系サイトで女性と連絡を取り合っていました。相手の女の子は20代後半のOLでエッチが大好きだという子でした。彼女は私と直接会って、出来ればエッチをしたいと言ってきました。しかし、いくらエッチなことをしたいと言っても最初の段階でこんなにストレートに伝えてくることはほとんどありませんし、ましてやそれが女性からだったのでかなり驚きました。私は彼女と直接会うことを保留にしておいて連絡を取り続けていたのですが、どうやら彼女は本当にエッチなことをしたいだけらしく、私にしょっちゅうエッチをしようと言ってきました。私は彼女と会ってもいいかもしれないという気持ちが出てきていたので、彼女からの誘いに乗ることにしました。すると、彼女は「私が喜ぶことをするから期待していて欲しい。それと複数プレイは好き?」と言ってきました。私は何のことだか想像できなかったのですが、とりあえず複数プレイの経験はないことを伝え、彼女と会う日を楽しみにしていました。そして、約束の当日私が待ち合わせ場所で待っていると、彼女が到着したのですが私は目を疑いました。なぜなら彼女は一人ではなく、女の子三人で来たからです。

私が彼女達を見て驚いていると、彼女は「驚かせようと思ったんだ。もし嫌だったら二人には帰ってもらうけど。」と言ってきました。私は複数プレイが好きかと聞かれた時点でもしかしたらと考えていたのですが、まさか三人で来るとは思っていませんでした。しかし、今さら帰ってもらうのは悪い気がしたので大丈夫だよと伝えました。三人は笑顔になり私の手を引いて歩き出しました。私は女の子三人と一緒に歩くことが、嬉しいような恥ずかしいような不思議な気持ちでした。私は彼女達に引かれてラブホテルへと移動しました。いきなりのホテルでしたが今さらこの程度では驚きませんでした。部屋に入ると、彼女達はいきなり全裸になって私をベッドに寝かせました。彼女は「誰の身体でも好きにしていいんだよ」と言ってきたので、そこから私の初めての4Pが始まりました。周りには3人の女の子がおり、私はどうしようかと悩んでいたのでとりあえず全員のおっぱいを触りまくりました。こんなにたくさんのおっぱいを触れる機会はないので私はおっぱいにがっつきまくっていました。すると、女の子達も私の身体を触ってくるのですが、三人からの責めに興奮してしまった私はすぐにイってしまいました。しかし、過去最高に興奮していた私はすぐに復活して彼女達が三人に挿入しました。一人一人の膣の感触を味わいつつ、他の子もおっぱいを触ることが出来て私は天国なんじゃないかと思うぐらいの快感を味わうことができました。結局出会い系サイトで出会った彼女達とは2時間プレイを楽しんだのですが、私の人生て最もおいしくて気持ちのいい体験でした。

素敵な熟女との激しいプレイ

私は年上の熟女好きなのですが、普通に生活していたら年上の熟女と出会える可能性は非常に低いです。そこで、私は出会い系サイトを使って熟女と関係を持とうと考えました。出会い系サイトで熟女を探していると、40代後半の人妻と連絡を取り合えるようになりました。彼女は夫と二人で生活しているらしいのですが、2年ほど前からセックスレスになっており、男性と身体の関係を持つために出会い系サイトを始めたと言うことでした。私はぜひ彼女に会ってみたいと思ったので、直接会って話をしようとメッセージを送ってみました。彼女はそれに合意してくれて、お互いの家から近い場所で待ち合わせをしました。待ち合わせの当日彼女に会うと、私の理想どおりの素敵な身体の女性でした。彼女の身体は細いとはいえませんが、私が好きなグラマラスで胸とお尻の大きな女性でした。彼女とあいさつをした後は腹ごしらえのために焼肉に行きました。そこでも私と彼女は肉をたくさん補給してこの後の運動に備えました。腹ごしらえが終わると、私は彼女とラブホテルに向かうことになったのですが、そのとき彼女は私と腕を組んで歩いていました。彼女は狙っているのかたまたまなのか分かりせんが、彼女の胸が私の腕にグイグイと当たっており、それだけで私のアソコはギンギンになっていました。そのままの状態で何とか歩いていき、ホテルの部屋に到着しました。私は彼女を押し倒したいという欲求を抑えて、二人でシャワーを浴びることにしました。

シャワーに入り、裸になった彼女は今までの落ち着いた雰囲気はなくなり、発情した女性になっていました。彼女は私の身体を丁寧に洗ってくれたのですが、特に私のアソコを集中して触っていました。そのときの彼女の乳首はすでにびんびんになっており、私も彼女の胸やお尻を触りまくっていました。二人で触りあいっこをやめて、シャワーから出るとベッドに入りました。私から責めようと思ったら、彼女は私の上に馬乗りになってキスをしてきました。彼女のキスはとても激しくて、息をする暇もないほど私の口の中に舌をねじ込んできました。私は反撃しようと彼女の胸を触るのですが、そうすると彼女は私のアソコを上下にしごいてきました。彼女の手つきはとてもいやらしく、私は我慢するのに精一杯でした。彼女は私のアソコを舐めました後に口でゴムをつけてくれました。その仕草がとてもいやらしくて、私のアソコはもうギンギンでした。彼女の中に私のアソコが入った瞬間、感じたことない熱さを感じました。彼女の中は熱く、絡み付いてきてまるで男を気持ちよくするためだけに出来たもののようでした。私は必死に腰を振りましたが、彼女の腰使いには勝てず、徐々に主導権を握られていきました。彼女のテクニックとエロさに私は負けてしまい、果ててしまいました。彼女はゴムをはずすとお掃除までしてくれました。何から何まで彼女にやられっぱなしでしたので、これからも関係を続けて欲しいと頼みました。彼女は私の頼みを聞いてくれたので、出会い系サイトで出会った彼女とは今でも身体の関係を続けています。

出会い系サイトを通じて出会った人と3P

私は当時付き合っている彼氏がいたのですが、彼とはすでに倦怠期になっておりセックスをすることなんてほとんどありませんでした。そこで、私は出会い系サイトを使って新しい男性と出会いたいと思いました。しかし、どうせ会うなら普通では出来ないようなことをしたいと思い、私と相手の男性二人で3Pが出来る人を探すことにしました。私は何人かの人と連絡を取り合ったのですが、出会いたいとは言ってくれるもののなかなか3Pを受け入れてくれる人がいませんでした。もう諦めようかと思ってたときに30代の男性とメッセージのやり取りを始めました。彼は私と同じでセックスが好きみたいで、やり取りをしていてこの人とは相性がいいかもしれないと思いました。そこで、私は彼に3Pをしてみたいという思いを伝えて、なんとか出来ないかと言ってみました。いつもみたいに断られるのかなと思っていたのですが、彼はもう一人を探してみるから少し待ってくれないかと言ってきました。私はそれに了承して、しばらく待っていました。そして、次の日、彼から相手が見つかったから直接会おうというメッセージが来ました。私は嬉しくてすぐにオッケーの返事をして、待ち合わせの時間と場所を決めました。3Pをする当日、待ち合わせ場所に行くとすでに二人が待っていました。二人とも大人の落着いた雰囲気がある素敵な男性でした。二人と会ってあいさつをすると、まずはお互いのことを知ろうということで食事に行くことになりました。

私と男性二人で食事を取っているときには、彼ら二人は椅子を引いてくれたり、何も言わずにおごってくれたりと、とても紳士な対応をしてくれました。そこで私はこのあとこの二人に抱かれるのかと思い、すでに興奮気味でした。そして、食事が終わると彼ら二人と共にホテルに向かいました。私は、ラブホテルに入ったことはあったのですが、三人で入ったことはなかったので少し恥ずかったです。しかし、彼らは慣れているのか分かりませんが、余裕のある感じで私の手を引いてくれました。部屋に入ると彼らの希望通り、シャワーを浴びずにプレイが始まりました。最初はキスから始まったのですが、一人とキスをしている間にもう一人が私の身体を隅々まで触ってくるので、何がなんだか分からないような気持ちになりました。その後も二人から身体を嫌と言うほど弄られて私は今までに感じたことのないくらいの快感を感じていました。そして、準備が整い彼らと交わったのですが、私には一つやりたいことがありました。それは一人に後ろから挿入されつつ、口でもう一人のモノをくわえるということです。これをしたいと伝えると、彼らはすぐに実践してくれました。これをやってみると私が犯されているという感じがしてとても興奮しました。その後も3人でしか出来ないようなことを次々とやっていき、最高の快感を得ることが出来ました。出会い系サイトでの出会いだったのですが、私をとっても気持ちよくしてくれて忘れられない思い出になりました。また出会い系サイトで相手を探して3Pに挑戦したいと思います。